中卒就職|徹底応援ナビ

*

電話が怖くて就職が憂鬱ですという人のための対策法とは?

   

 「電話が嫌い」という人は世の中に大勢います。自分ひとりだけが電話で苦労しているとは思わないことです。しかし電話はこちらのタイミングと無関係にいきなり鳴りはじめる、相手と同時に会話するが相手の表情や姿は見えないために言葉だけのコミュニケーションを場合によっては長時間強いられる、言葉だけで説明しなければいけないので齟齬が生じることもある…という厄介な機器です。

 でも社会人になったら、2回コールしているうちに受話器をとらないと“やる気のない人”というレッテルを貼られかねません。

メモとりを徹底しよう

 電話をこちらからかけようという際には、電話する相手に最低伝えなければいけないことをメモしてから受話器をとるようにするとよいでしょう。

 言うべきことをはっきりさせることで目的意識が生まれるので、電話恐怖から多少は解放されるでしょう。それから相手の話もメモをとりながら聞くことが大事です。特に固有名詞や、電話番号などを言われたら、きちんとメモしておくことで“しっかりした人”という印象を相手に与えることも。

電話しながらでも深呼吸できる

 電話している最中に相手が“ちょっと失礼”と言って、受話器を手放すこともあります。そういう時に思い切り深呼吸をすることで、リラックスして会話を再開することもできます。電話している相手の表情や雰囲気を自分で想像しながら話すと、会話も自然に丁寧な物腰になります。

 相手の話をじっくり聞くことが大事なのは、電話も対面も同じです。重要な点については復唱して簡単でもメモを取る、相手の表情を想像する、先輩社員の電話対応を徹底して真似ることがオススメです。

【関連記事】
中卒で就職するための計画は
中卒が自己分析をする場合には
中卒ではどのように企業を見ていくべきか

 - 就職活動を始める前に

  関連記事

no image
雇用形態とは?正社員として就職すべき?

①雇用形態について学ぶ  中卒で就職することを考えたときに、まずは働くときの雇用 …

中卒で就職するための計画は

情報を集めよう  中卒となれば学校側から提供される情報はほとんど期待できません。 …

no image
会社に対する希望と自分に合う会社の見つけ方

①就職するにあたって会社に対する希望を挙げる  中卒で就職をする場合、まずは自分 …

no image
将来を考えて「なりたい自分」を見つける方法

1.どのようになりたいのかを考える  就職しようと決意をしたら就職活動に移る前に …

中卒が自己分析をする場合には

今までよりもこれからを  自己分析は自分が持っているものを確認するためのものです …

中卒ではどのように企業を見ていくべきか

まずは企業自体を見ていく  学校側から提供される情報がほとんどない以上、企業に関 …