中卒就職|徹底応援ナビ

*

会社で孤立しないためにはどうすればいい?入社後の注意点を守ればいいんです

   

礼節とビジネスマナーは必須

 入社後、ちょっとした間違いや知識不足によって、もしかしたらあなたは会社内で孤立してしまうかもしれません。この状況に陥るのを避けるためには、まず、礼節とビジネスマナーを身につけておく必要があるでしょう。

 礼節とは、礼儀のこと。年上や先輩に対してどう接するか、それは言葉遣いから表情、空気の読み方まで多岐に渡り、それを習得しておかなければ、孤立する可能性は完全には消えないと思っておかなければなりません。

 ビジネスマナーも礼節と似ていますが、特に仕事に関する礼儀のことを指します。名刺の交換の仕方や挨拶の仕方、服装などの身だしなみもそうでしょう。これも習得しておくことが入社後の注意点となるので、就職活動を通して少しずつでも身につけていくよう心がけてください。

できない時にはすぐ対処

 入社後、できないことが山ほど出てくるでしょう。仕事を任されたり指示されてもできないことが次々と出てくると思いますが、それは仕方ありません。新社会人なわけですから、できないことがあるのはむしろ当たり前。

 大事なことは、できない時にどう対処するか。一番やってはいけないことは、できないまま放置しておくこと。自分ひとりの問題であればそれでも構いませんが、会社ではそれは許されないのです。

 できないと感じたらすぐに動き出しましょう。先輩や上司に尋ねる、助けを求めるなどし解決する。その上で、次同じ問題に出くわした時に、今度はできるよう知識や技術として吸収・習得しておくことも忘れないようにしてください。

他の人を認め称える習慣を

 入社後の注意点を大きく括って言ってしまうと、先輩や上司に気に入られ、かわいがられること、となるでしょう。上手く入り込むことができれば、困った時にも手を差し伸べてもらいやすくなります。

 そうなるためには、とにかく他の人を認め称えること。一緒に働く人に対して、もしかしたら、「自分の方が仕事ができるのではないか」と思ったり、「あの人は変な人だ」と思うこともあるかもしれませんが、その気持ちを表情や態度などで出してしまうのではなく、そうした人たちも認められる部分を見つけ、そこを称える意識を持っておくことが大切です。

 そうすれば広くかわいがってもらうことに繋がり、会社内で孤立するどころか、目に掛けてもらえる存在となれるのではないでしょうか。

【関連記事】
中卒で内定をもらった後の入社手続きについて
中卒がする入社する時の自己紹介は
中卒で入社する前に考えたいこと
就職を果たした人が初出勤までにしておくべき3つのこととは?
試用期間について知っておきたいポイントとは?

 - 入社準備をする

  関連記事

就職を果たした人が初出勤までにしておくべき3つのこととは?

働き始めた時の時間の使い方を身に付けておく    これから就職活動に取り組むとい …

中卒がする入社する時の自己紹介は

ネガティブな表現に気をつける  入社式での自己紹介は自分という存在を企業の社員達 …

中卒で内定をもらった後の入社手続きについて

何はともあれ書類の用意を  内定をもらったとなればいよいよ就職活動は終わりを迎え …

中卒で入社する前に考えたいこと

家庭について  自分の就職が決まったとなれば自分はもちろんですが、家庭にも何かし …

試用期間について知っておきたいポイントとは?

 中卒で就職を考えている人なら就職活動に夢中になっているでしょう。面接の最中に採 …